沼のほとり

水面は底が知れぬ緑色

浮かぶのは猫、猫、猫

宿屋の窓から見える景色の異様さに足をすくませていると

廊下から下男の声が聞こえる


「もがく奴ほど おぼれるのさ」


もう一度水面に目をやると

沼に落ちても漂々と泳いでいる猫がいる

なんとも肩に力の入らない泳ぎ方で

向こう岸まで泳ぎ切り

その猫は

ぶるり と体をふるわせ

何事もなかったように沼を後にして行った
[PR]



by cotonon | 2014-05-05 14:29 | ゆめ

ヒミツ ノ キチ 
by cotonon
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

 お願い & お知らせ

断りなく
記事および写真を
お持ち帰りしないでください

コトバに曲がかくれています
ポチッと
みつけてね♪



ライフログ

最新のトラックバック

松の内
from 宮崎 遊ぶ

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧