カテゴリ:ゆめ( 10 )




さかみち

ずっと

さかみちを あるいている

たいらなばしょを もとめて

さかみちを あるいている

のぼっていると おもうと

くだっていて

くだっているとおもうと

のぼっている


じぶんが どこにいるのかわからない

さかみちを あるいている



かわらないばしょを もとめて

あるきつづけている

どこまでも

どこまでも

あいもかわらず

さかみちを あるいている
[PR]



by cotonon | 2016-04-05 01:18 | ゆめ

目を開けると真っ暗かった
じっと目を凝らすと
浮かんできた

無数の小さな黒い棘が
集まっている

私が彼らを見つめているのか
彼らが私を見つめているのか
息をひそめてじっとしてた

ずっと見ていると
目に刺ささりそうで
あわてて目をつむった

目の奥がじいんと痛くなった




[PR]



by cotonon | 2015-10-19 21:56 | ゆめ

すきま

今朝見た夢の欠片が

脳ミソの皺と皺の間に入り込んで

ことあるごとに

わたしを立ち止まらせる

まるで

何か奥歯に挟まったみたいに

気になって仕方がない


掴まえようとすれば

まるで

岩場の陰に身を隠す蟹のように

すっすっとすり抜ける


ほら、また


ちらちら ちらちら 

わたしの邪魔をする

ちらちら ちら

知っているようなでも

ここではないどこかへ

わたしを連れ出そうとする





















[PR]



by cotonon | 2015-08-05 10:45 | ゆめ

ほしのつぼみ

そらが よるに かわるころ

むらさきが たくさん やってくるので

ききょうは ほしになって それをあつめにでかけます

そうして 

かわいい おとうとや いもうとの

つぼみたちに ふうっとふきこみます



あさ おひさまが かおをだすころ 

ぽん というおとで めがさめたら

それは

つぼみたちが ひらいたおとあいずです

そうして ひとつ また ひとつ と

あたらしい はなが さくのです


めをこらして

みてごらんなさい


こんやも きっと 

みかづきの したで

じょうとうの むらさきをあつめに

ほしが ででいます

それは けささいた ききょうたちなのです
[PR]



by cotonon | 2014-09-30 01:35 | ゆめ

沼のほとり

水面は底が知れぬ緑色

浮かぶのは猫、猫、猫

宿屋の窓から見える景色の異様さに足をすくませていると

廊下から下男の声が聞こえる


「もがく奴ほど おぼれるのさ」


もう一度水面に目をやると

沼に落ちても漂々と泳いでいる猫がいる

なんとも肩に力の入らない泳ぎ方で

向こう岸まで泳ぎ切り

その猫は

ぶるり と体をふるわせ

何事もなかったように沼を後にして行った
[PR]



by cotonon | 2014-05-05 14:29 | ゆめ

分身

いつまでこうしていればいいのだろう

この子は

いったいいつになったら満足するのだ


公園という公園を渡り歩き

それでもまだ

「かえる」と言わない

小さな妹は

私の手を離さない


今日の昼には

葬式を挙げなければならないのに

棺桶に入ろうとしないのだ


あいかわらずの

つぶらな目で

ブランコに乗りたいとせがむ


「手を離さないといけないよ」

そう言うと

さみしそうにうなだれ

もみじをぎゅっとする


もうじき

みんなも集まる

この子を連れて戻らなければ

気が急く私に

妹は怒り出す

「いやいや」と

足踏みする

駄々を捏ねる


「お願いだから」

今度は困り果てた私が

懇願する


小さな妹よ

どうしておまえなのか

代われるものなら

代わってやりたい

運命を呪いたい


可愛かった妹はだんだんと形が変わっていく

もう時間がないのだろう



抱き上げようとした

その時

妹の姿は私へと変わる




そういえば

小さな妹などいなかったのだ




遠のく意識の中で

私は苦笑した
[PR]



by cotonon | 2013-05-04 12:48 | ゆめ

白い影

学校から帰ってきた子どもが

口から手紙を吐き出した

小さく小さく小さく折りたたまれたそれを丁寧に広げると

そこには

誰も知らないはずの私の過去がびっしりと書かれていた

嫌な悪戯だ

気分を落ち着かせよう

コーヒーを淹れようとすると

食器棚のカップ

スプーンの引き出し

牛乳パックの底

次から次へと手紙が出てくる

気持ちが悪くなった私はトイレへ

すると今度はペーパーホルダーのふたの裏にも手紙が

一体誰だ?こんなことをするのは!

私は戦慄を覚え警察へ電話をかけた


「署に来て、詳しいことを聞かせてください」

警察官は私にその手紙を持って来いと言う

だがしかし…それはすなわち私の過去を第三者に曝すことになる


私は警察はやめ弁護士に相談に行こうと

靴を履いた

するとどうだろう

とうとう靴の中にも手紙が!


小さく小さく小さく折りたたまれたそれをまた丁寧に広げると

誰も知らないはずの昨日のできごとが詳細に書かれている


眩暈がする


間違いない

私は監視されていたのだ

それもずいぶん昔から昨日までずっとだ


私はいたたまれず街中へ逃げ込んだ

人の中へ人の中へと



ところが

今度はすれ違う人の視線が気になる

何故だ?

ちらり振り向くとそこには頭のてっぺんから足のつま先まで白装束の

背格好からすると男?がいる

フードに覆われた顔は見えない

その異様さに

通る人がみなこちらを振り返る


こいつだ

こいつに違いない!

私は直観的に悟った

しかし今までどうして気付かなかったのだろう



足を速めると

ぴったりとくっついてくる

そのあまりのひつこさに

私はついに足を止め体を翻すが

それよりも早く

人込みをすり抜け

追いかけようとも

白い影は瞬く間に見えなくなった
[PR]



by cotonon | 2013-05-03 00:20 | ゆめ

寄生

ふと気づくと

腿に傷があった

そこから

管のような足のような

細長いものが突き出していた


わたしは慌てて

傷を布で覆い

医者のところへ


布を外すと

傷口を突き破ったそれは

みるみると大きくなって

こちらに牙をむく



「こんな症例はみたことがありません」

医者は顔をしかめ逃げるように診察室を後にした


布を手に取り

どうしたらいいのかと

わたしはもう一度傷口を覆う


遠くの方で

朝を知らせる音楽が聞こえくる


ぼんやりと

さっきの傷口に手をやると

むずむずと痛痒い

火傷の痕が手に触れた
[PR]



by cotonon | 2013-04-11 13:16 | ゆめ

終点は

路面電車の吊革に

人目もはばからず

下着もなんでも

せっせと洗濯物を干して


やれやれ

おわったおわったと

最後の一枚をパンと叩いて

窓の外の新緑に目を細め

次の駅で私は電車を降りてしまった


それから

行き過ぎる車両と

車内で揺れる洗濯物をふりかえって

しまった

あの洗濯物はどこまで行くんだろう

どうやって取り込まれるんだろうと

考えあぐね

近くの交番に遺失物届をしに行くと

「電車の終点はどこですか?」と聞かれ

はてどうだったかと言葉につまる

「あの電車なんです」と指をさした方に

すでに線路も駅も無くなっていて

困り果てたところで振り返ると交番も消えていて


まあ洗濯物も何とかなるさと自分をなだめるが

それでもやっぱり気になって

どうしても気になって

うんうんと唸って目が覚める


さて

現実は朝の5時

娘の制服のブラウスを干し忘れたことを思い出し

大慌てで起き上がった
[PR]



by cotonon | 2011-05-27 12:07 | ゆめ

生霊



今朝の四時



本を読んで眠れなくなりようやく布団にもぐりこんでうとううとし始めた頃


夢現の間に 外廊下を3人くらいの女の話し声が通り過ぎた


少しして 玄関から見知らぬ女が ぬう っと入ってきた


(あらいやだ鍵をかけ忘れかな?)


「だあれ?」


と声をかけても応えない



「ねえ、だれか来たみたい」


となりで寝ているダーリンに声をかけても


「う・・ん?」と答えるだけ



女は無言でこっちのほうへつかつかと上がりこんで来た


「あの、あなたは?」


顔を見ようとするのだけど頭から上がぼんやりとしていて誰だか分からない



「 ・・・こんなところにいたのね やっとみつけた」


女はそう言うとやおら手をふりかざし襲い掛かかろうかという


すごい勢いで向かって来た



「!!」


ダーリンの名を叫んで目が覚めた


ダーリンもびっくり


「どうしたの?大丈夫?」



胸の動悸が止まらない



身体が痺れている


・・・・・


しばらく「ぎゅっ」としてもらってようやく落ち着いた







「コワイ 夢 だったの」



そう言って目を瞑ったけどまた寝れなくなってしまった










あの女は誰?

ホラー映画は
[PR]



by cotonon | 2009-08-31 20:27 | ゆめ

ヒミツ ノ キチ 
by cotonon
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 お願い & お知らせ

断りなく
記事および写真を
お持ち帰りしないでください

コトバに曲がかくれています
ポチッと
みつけてね♪



ライフログ

最新のトラックバック

松の内
from 宮崎 遊ぶ

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧